toggle
害虫駆除ならダスキン
2020-02-06

新型コロナウイルス上陸!ネズミが原因?

中国湖北省武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルスが日本にも上陸し、広がりを見せないか警戒されています。

厚生労働省が2020年1月16日、武漢市に渡航していた神奈川県在住の中国人が新型コロナウイルスに感染していたと発表しました。

(またそれ以降2月6日現在で、新型コロナウイルスに関連した感染症の患者の発生が国内で35例確認されています。)

厚生労働省ホームページはこちらから>>

また日本政府も武漢市に滞在中の日本人を隔離する為、チャーター便を手配するなどの対応に追われています。

この新型コロナウイルスの感染の拡大を受け、29日迄は「緊急事態」宣言を見送っていたWHO(世界保健機関)もやっと重い腰を上げ1月30日「緊急事態」を宣言しました。

WHO(世界保健機関)とは・・・保険や健康に関する国連の専門機関。1948年に設立され、本部はスイスのジュネーブにある。日本は1951年に加盟し、現在194ヶ国が加盟する。
政府や専門家らが国際的な保険問題を研究したり、調査したり、基準や規範を設定したりする。

その猛威は日本だけにとどまらず、全世界に広がりつつある新型コロナウイルスとは?

新型コロナウイルスとは

コロナウイルス

過去ヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。

電子顕微鏡で観察されるコロナウイルスは、直径約100㎜の球体で表面には突起が見られ、形態が王冠に似ている事からギリシャ語で王冠を意味する”corona”という名前がついた。

(以下、国立感染症研究所のHPより抜粋)
コロナウイルスの特徴

ヒトに感染するコロナウイルス

ヒトに蔓延している風邪のウイルス4種類と、動物から感染する重症肺炎ウイルス2種類(コウモリとラクダ)が知られていますが、これらについてはそれぞれの症状や感染経路などの特徴を上記の表にまとめました。

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(サーズ)

サーズはコウモリのコロナウイルスがヒトに感染して重症肺炎を引き起こすようになったと考えられるています。(当初はハクビシンが感染源と考えられていましたが、今ではコウモリになっています。)

中東呼吸器症候群コロナウイルス(マーズ)

マーズはヒトコブラクダに風邪の症状を引き起こすウイルスがあるが、種の壁を越えてヒトに感染して重症肺炎を引き起こすと考えられています。

コロナウイルスはどうやって感染する?

新型コロナウイルスがどのように感染するかは、飛沫感染と接触感染の2つが考えられていましたが、最近になりこの新型コロナウイルスは目からも感染すると報道がありました。

通常ウイルス対策は鼻と口から侵入するので、マスクをして対応するのですが、他人が咳やくしゃみをした時などに備え目も防御しなくてはならないと言う事になります。

花粉症対策のようにマスク以外にもウイルス対策用のゴーグルが必要になりますね。

花粉症対策

飛沫感染(ひまつかんせん)

感染者のくしゃみや咳などの飛沫と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸込み感染する。

飛沫感染

※学校や電車などの人が多く集まる場所

接触感染(せっしょくかんせん)

感染者がくしゃみや咳を押さえた手で周りの物に触れて、ウイルスが別の人に付着し、その手で口や鼻を触れて粘膜から感染する。

接触感染

※電車のつり革や、ドアノブなど

正しい手洗い・うがい方法

正しい手洗い・うがい方法はこちらから>>

ネズミを食べる⁉

今回のウイルスはいまだ発生源が特定されていないが(2020年1月現在)海外メディアによれば、海鮮市場は海産物だけで無く、食用の野生動物も多く取り扱われていたと報道されています。

その中でも日本人がアッと驚くのは、病原菌の王者であるネズミ(タケネズミ)が食用として売られていることです。このタケネズミからも感染するのではないか?と一部では報道されています。

中国のタケネズミは中国南部全域の竹林に生息し、竹を食べることからその名がついた。中国ではそのネズミの体毛を抜いたり、そのまま丸焼きにしたり、煮込み料理で食べる文化があり、丸々と太ったタケネズミは肉厚で珍味とされているそうです。

下の画がタケネズミです。ネズミと聞くとドブネズミのイメージが強いですが、タケネズミはどちらかと言うとモルモットにイメージが近いですね。
タケネズミ

海鮮市場は既に閉鎖され、当局は発生源の特定を急いでおります。当初人から人への感染は無いとされていたが、日本で確認された男性を含め人から人へも感染する可能性がありそうです。

ネズミ駆除は早めに

食用のタケネズミとはいえ、ネズミはネズミ。そもそもネズミにはダニなどが付着しており、そのダニは人間の血も吸う為、ダニによって人から人へ感染する恐れがあります。やはりネズミは早めに駆除しておいた方が良いでしょう。

害虫駆除に関するその他ブログ

ダスキンターミニックス東五反田店、東寺尾支店ではネズミ以外の害虫駆除にも対応しております。その他害虫駆除のブログは下記からご参考ください。

特にトコジラミは人を刺して吸血いたしますので、ウイルス感染者の血を吸って新たな人を刺すと・・・トコジラミが媒介する可能性もあります。

そんなトコジラミについても詳しく書いておりますので、ご参考にしてください。

東京都内の宿泊施設にトコジラミが増えた理由

ネズミ駆除作業風景を画像付きでご紹介します

ネズミ駆除にバルサンは効くのか?

ご相談・お見積りは無料

害虫駆除に関するご相談・お見積りは無料で承ります。下記ボタンをクリックの上お気軽にお問い合わせください。

無料相談はここをクリック(所要時間1分)

ネズミ駆除TOPページ

関連記事