toggle
害虫駆除ならダスキン

横浜・川崎のネズミ駆除サービス

横浜市・川崎市内でネズミによる被害でお困りの方、ダスキン東寺尾支店ターミニックス事業部にお任せください。弊社スタッフの高い技術と徹底した調査に基づき、駆除・退治だけでなくネズミの入りにくい環境を作り撃退致します。プロならではのアドバイスもした後詳しい見積り書を無料にてご提案いたしますので、是非一度この機会にお問合せください。

害虫・ネズミ駆除サービス

横浜、川崎でネズミ被害・拡大中!

只今ネズミによる被害が拡大中です。下記の様な症状がありましたら要注意ですので、直ぐご連絡をください。

  • 配線をかじられ停電した
  • 網戸を破って部屋に入って来た
  • ベランダの観葉植物が食い荒らされている
  • 天井裏を走り回っている音がする
  • 糞を巻き散らかされて部屋が臭い

ねずみはとても不衛生です。

ネズミ被害 糞
ネズミの糞です。
屋根裏や床下に
巻き散らかされてしまいますと
部屋の悪臭の原因となります。

ネズミが火災の原因

ネズミ被害 配線

ネズミは、あらゆる穴から店舗又は家に侵入してきます。
例えば、上部の写真。壁をはがしてみると奥に外に通じる穴が…。
コードを見てみると「※ラットサイン」がありました。
※ふんや尿が残っていたり、壁や電気コードに体の汚れが付着して黒い線が付きます。ネズミは尿をしながら移動することもあります。ネズミの尿には蛍光物質が含まれていますので、ブラックライトで光を当てると、通り道がわかりやすくなります。
よく見ると写真にもコードにラットサインがあります。


不衛生なネズミですが、やはり怖いのが火災です。ネズミは歯一生伸び続けるために、常に固いものをかじる習性があります。何もかじらないでいると、歯が伸びすぎてしまうからです。
そこで、電気コードなどはネズミにとって、とても都合のよい対象物となるわけです。
この被害が火災になる原因です。ネズミの被害で一番怖いのは実は火災なのです。

ネズミ駆除作業風景

もっと詳しいネズミ駆除作業風景はこちらから>>

ネズミの主な種類

ここでは日本でよく見られるネズミの種類をご紹介いたします。主に下記の3種類です。

ドブネズミ
ドブネズミ
体 重:150g~500g
頭胴体:185~280mm
尾 長:150~220mm
性 格:荒い


人家や店舗などの周辺でよく見ることができます。魚介類や肉類を好みます。 水分を多くとらないといけないため、水辺の近くに棲むことがあります。 水中に飛び込み、泳ぐこともできます。 繁殖は一年中ですが、春と秋がもっとも盛んになります。妊娠期間は20日前後。
クマネズミ
クマネズミ
体 重:150g~200g
頭胴体:150~240mm
尾 長:150mm~250mm
性 格:警戒心が強い(臆病)


日本全域に生息しています。ほどんど家屋に棲みますが、一部の諸島では、森林でも確認されています。手足の肉球には滑る止めがついているので、水道管や電線を登ることは得意です。殺虫剤の効かないネズミを「スーパーラット」と呼ばれていますが、そのほとんどがこのクマネズミです。
ハツカネズミ
ハツカネズミ
体 重:10g~25g
頭胴体:60~90mm
尾 長:40~80mm
性 格:好奇心旺盛


商業施設や家屋周辺で生息しています。雑食性で昆虫や雑草、花など捕食します。大きさは、ドブネズミやクマネズミほど大きくありません。日本全域に生息しています。繁殖は一年中ですが、野生下では春と秋がもっとも多くなります。実験用としてもつかわれることが多いネズミです。

強烈な繁殖力で被害拡大

「ネズミ算式」という言葉が有名ですが、ネズミの繁殖力は言葉通り、強烈な繁殖で被害を拡大させます。
多産で成長が速い、繁殖時期もほぼ通年。気が付いた時には手遅れなんてこともあります。
例えばドブネズミ、妊娠期間20前後、1回のお産で約8匹前後産まれます。産まれてから2から3か月後には、繁殖行為が可能になってしまいます。

主なネズミの被害

 騒音や悪臭による不快感とストレス、環境が不衛生、食中毒、赤痢、チフス、ワイル病、ネズミに寄生したダニ・ノミ等による発疹 食物・家財・農作物の被害、ネズミにかじられた原因による漏電・火災

ネズミ被害を抑えるためには

餌を与えないこと

ネズミが安易に食べれるような環境にしないこと。しっかりタッパ等に入れて保管する。戸棚にしっかり保管する
ペットを飼っている方は、夜はしっかり封をして保管する

住みやすくさせない

スーパーのビニール袋や新聞などは、ネズミにとって最高の寝具です。当然押入れの布団や座布団も対象になります。
ネズミに使われないようにしっかり保管しましょう

ネズミを通れないようにする

あまり見えない場所に実は外とつながっている通路があります。ネズミはそこから屋内に侵入してきます。
ネズミが入れないように、穴には金網を張ったり、パテなどでしっかり通路を塞ぎましょう

ネズミは寒い所が苦手

ネズミはとても寒さに弱い動物です。暖かい場所を求めてきますので、冬はネズミが店舗又はご自宅に侵入してくる確率が非常に高くなります。屋根裏はネズミにとって絶好の住みかということになります。店舗も特に飲食業では、暖かい上に豊富な食材。ネズミにとってみれば最高の場所になります。

初期対応が大切

飲食店などでは営業中にねずみを発見されたら、お店のイメージダウンになりかねません。 ねずみは下水道を等を住処にし、最悪の衛生状態でうろつき回ります。 またネズミの繁殖力は、ご存じのとおりです。当たり前のことですが、初期対応がその後の駆除に影響します。その対策の為にどの業者を選ぶか?お客様にとって、とても重要な選択になります。

私たちダスキン東寺尾支店では、経験豊富なスタッフと全国約400店の情報共有を生かして、お客様へ最適な駆除方法をご提供させていただきます。また料金も極力抑え費用対効果でも自信をもってご提案させていただきます。 初期対応を間違えてしまうと、強烈な繁殖力で駆除自体ができない状況になってしまうことも。

ネズミ繁殖力ストップ

ネズミ駆除サービス手順

弊社スタッフが現場で行うサービス手順をご紹介いたします。

①ネズミの調査・お見積り

調査見積もり
お客様の建物の周辺環境、被害状況、棲息状況などをヒアリングと目視で調査します。この結果に基づき、必要なサービス工程を設計し、作業内容の詳細を明記した見積書によって提案します。

②ネズミ捕獲・駆除

捕獲・駆除
調査の結果から、どこから侵入し、どこに巣を作り、どこで餌を取っているかなどを推測し、粘着ボードを敷きつめます。

③ネズミの侵入経路遮断

侵入経路遮断
ネズミコントロールで重要なのが駆除後の再侵入を防ぐことです。侵入の可能性の高い所をチェックし、必要に応じて通路封鎖を実施します。

プロのポイント

ダスキンプロのポイント
ネズミ駆除は、駆除すれば終わりではありません。再度ネズミが侵入しないように、ネズミの通路を閉鎖したり、周辺の環境や建物の構造などを把握して、トータル的に考えなくてはいけません。ネズミの死滅させても、しっかり捕獲しなければネズミが腐敗してしまい、2次被害にも繋がります。毒餌を導入する場合は、この点を十分気を付けて行わなくてはいけません。

ダスキンのネズミ駆除では、このような点を意識しながら効率的にネズミ駆除を行います。 全国約400拠点に広がるのダスキンターミニックス。このネットーワークを最大限活用して、情報の共有化や技術研修を行っております。ダスキンならではの、最高レベルの技術と情報を皆様にお届けします。

ネズミ駆除でお困り

無料相談
お電話でお申し込みはダスキン東寺尾支店
電話番号
私たちが伺います