「ヒアリ」による被害を防ぐために

危険な外来昆虫「ヒアリ」による被害を防ぐために

ヒアリ(別名:アカヒアリ)とは、漢字で”火蟻”、
英語では”FIRE ANT”と表されます。
赤茶色の小型のアリで、腹部は濃く黒っぽい赤色。
体調は2.5ミリ~6ミリと大きさにバラつきがあり、
お尻の毒針で相手を問わず攻撃し積極的に刺します。
また土でアリ塚を作って住むことも
「ヒアリ」の特徴です。

ダスキン東寺尾 ヒアリ

されると火傷のような激しい痛み!

毒性が強く、毒針で刺されるとアレルギー反応により
死に至ることもあるため、
世界各地で大きな問題となっております。

人体への被害など及ぼすため
「特定外来生物」に指定されています。
南米中部原産のアリで環太平洋諸国に定着していますが、
日本での生息な確認取れませんでした。

しかし、物流のグローバル化が急速に進み、海外から安い物資、
資材が船便や航空便でそれまでに無いくらいの頻度で
日本に入って来るようになったために
侵入してきたと考えられています。

ヒアリ分布図

土で作られるドーム状のアリ塚が目印

土で作られるヒアリのアリ塚は、農耕地や公園などで
開放的な草地、裸地に多く見られます。

ダスキン東寺尾 ヒアリ塚

直径25cm~60cm、高さ15cm~50cm程度の
ドーム状になり、最大で高さ90cm、深さ180cm
に達します。

アリ塚

ヒアリを発見したら地方環境事務所等に通報を!

ヒアリを発見したら地方環境事務所等に連絡して下さい。
現在ダスキンでは、
ヒアリの駆除や対策などは行っておりません。

薬剤散布

ヒアリに刺された場合の症状と対処法

ヒアリは顎で何回も噛みつき、お尻の毒針で何回も刺してくる
とても凶暴なアリです。
ここでは、刺されてしまった場合の症状を説明していきます。

症状

【軽度の場合】
刺された部位は熱いと感じるような、強烈な痛みが走ります。
刺された痕が痒くなり、10時間以内に膿がでます。
【中度の場合】
刺されてから強烈な痛みがあり、数分で患部が腫れるか
全身に蕁麻疹(じんましん)が現れます。
【重度の場合】
血圧低下、呼吸困難、意識障害などで激しい動悸やめまい
を起こすことがあり、進行すると意識を失うこともあります。
重度の即時型のアレルギー反応「アナフィラキシー」
である可能性が高く、処置が遅れると生命の危険も伴います。

対処法

刺されてしまった場合は、とにかく病院へ行き、
アリに刺されてしまったことや、アナフィラキシーの疑いが
あるかもしれないことを伝えましょう。
また、刺されたところの毒を抜こうとして
患部を擦ったり、つねったりするのは厳禁です。

アナフィラキシーとは>>

その他害虫駆除、対策はダスキン東寺尾にお任せください。

現在、ヒアリやマダニなどの駆除、対策は行っておりませんが
他の害虫駆除は行っております。

横浜、川崎の害虫駆除はダスキン東寺尾にお任せください。>>

またご相談、見積りは無料にて行っております。
無料相談をご希望の方は、
下記ボタンをクリックしてお申込みください。
弊社スタッフが親切丁寧にお答えさせていただきます。

無料相談

宜しくお願い致します。

ゴキブリ駆除はダスキン東寺尾にお任せください。>>

ネズミ駆除はダスキン東寺尾にお任せください。>>

トコジラミ駆除はダスキン東寺尾にお任せください。>>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です