toggle
害虫駆除ならダスキン
2018-06-22

プロによるゴキブリ駆除の方法〜飲食店〜

ワモンゴキブリ
そろそろ暑い時期も近づいてきました。 特にこの時期、食べ物を扱う場所でのゴキブリ対策にお悩みの方は多いのではないでしょうか? 今回そんなお困りの方に、ダスキンならではのゴキブリ駆除の方法を紹介します!

プロのゴキブリ駆除は予防までしっかり行います

ゴキブリは、一度巣になってしまうと中々ご自身では対処が難しい生き物です。 一度の駆除や、市販の物を使っての対策だと中々根本からは退治できません。 ダスキンでは、駆除した後も月一回の作業を行いますので、その後の予防までしっかりと行えます。 ゴキブリ駆除ならダスキンへ

ゴキブリ駆除初回作業

まず1回目の作業では、厨房の巣になりやすい場所を中心に、プロの目線で目視調査を行い、巣を発見した場合はその箇所の駆除を行います。 その後、厨房内のゴキブリが好む場所にベイト剤と呼ばれる、ゴキブリ用の毒餌を仕掛けます。これをゴキブリに食べさせることによって、殺虫を行います。また、このベイト剤に含まれる有効成分は遅効性のため、二次的な殺虫効果が期待できます。その為、新たな巣が出来るのをあらかじめ予防できる仕組みになっています。 最後にゴキブリの好む場所の近くや、通り道に調査トラップを設置して初回の作業は終了です。このトラップが次回訪問時、ゴキブリの潜んでいる場所を突き止めるための役割を果たします。

ゴキブリ駆除2日目作業

まず、初回訪問時に設置した調査トラップを確認し、多く生息している場所を突き止めます。 その場所にベイト剤の処理を行い、また次回作業時に生息数を確認します。 この作業を繰り返し行うことで、生息数を減らし、巣ごと退治していくといったイメージです。 巣がなくなり、発生が落ち着いた後もトラップ点検→ベイト剤処理は行っていくので、再び発生した時に繁殖を止める予防になり安心です。 以上簡単ではありますが、ダスキンによるゴキブリ駆除のご紹介でした。 ゴキブリ駆除ならダスキン東寺尾支店・東五反田店へ
関連記事