toggle
害虫駆除ならダスキン
2019-10-03

東京都内で大発生中のトコジラミとダニの違い

近年都内を中心に増え続けているトコジラミ。その被害は拡大中です。また刺された時の痒さは、蚊に刺された時の10~20倍くらい痒いと言われています。

トコジラミの生態については過去のブログでご紹介しておりますので、今回はダニとトコジラミの違いについて書いて行きたいと思います。

トコジラミとは

トコジラミ画像

トコジラミは、5㎜~8㎜ほどで夜行性です。昼間は畳の隅や襖や障子の隅などの暗い隙間に潜み、人間が寝ている間に吸血します。そして一度だけでは無く、移動しながら何回も吸血しますので、きがつくと10数か所刺されていたりします。

刺されると赤く腫れあがり、激しい痒みが一週間以上も続くと言われています。トコジラミは毎日産卵します。(一日に5~6個)気づかずに放っておくと知らず知らずのうちに大変な数に膨れ上がります。

トコジラミは殺虫剤に強く、市販の殺虫剤では駆除するのが難しいです。(すなわち素人では難しいと言う事ですね)
以上のことからトコジラミを見つかり、刺されたりしたらプロの専門業者に相談する事をお勧めいたします。

トコジラミの生態についてはここをクリック

ダニの種類について

ダニは、クモやサソリの仲間。体調1㎜以下で目視するには少し困難です。家にいるダニの7割~8割はヒョウダニやコナダニです。しかしヒョウダニやコナダニは、その死骸や糞がアレルゲンの原因となりますが人を刺す事はありません。

ダニ種類

人を刺すダニは、ツメダニとイエダニです。

ツメダニとは

ツメダニとはコナダニ等をエサにしているダニで、体調は0.3~1.0㎜くらいです。ツメダニは本来は人を刺す事の無いダニで、大量発生によりエサとしているダニがいなくなると刺すのみで吸血することはありません。

刺されると皮疹を起こし、痒みは1週間くらい続きます。

イエダニとは

イエダニとは、主にネズミに寄生し、ネズミの血をエサにしているダニで、体調は0.6~1.0㎜くらいです。ネズミがいなくなると新たに寄生先として人間の血を吸いに来ます。

刺されると1〜2㎝くらいに腫れ上がり、真ん中に水泡が見られう場合があります。痒みは1週間くらい続き、近くに数ヶ所刺される場合が多いです。

トコジラミ ・ダニに刺された痕の見分け方

ダニは人の柔かい場所を刺します。(二の腕、太腿、お腹など)
トコジラミ は部位に関係なく吸血します。(トコジラミ は顔も刺します)
被害を受けた場所の違いで判断をしても良いかと思います。

ご相談・お見積りは無料です

トコジラミに関するご相談・お見積りは無料にて承ります。どんな些細な事でもOKです。何かお困りの事がございましたら、下記ボタンをクリックの上お申し込みください。

無料相談はここをクリック(所要時間1分)

トコジラミ駆除TOPページ

関連記事